WordPress

リライトして更に検索順位を上げるコツを紹介します

どうも0927君です!

今回は作成した記事をリライトして更に検索順位を上げよう!という記事になります。

リライト:記事の修正。更に情報を書き足したり、より良いコンテンツ作り。

『消してえええええ!!リライトしてえええええ!』と大切なことはアジカンが教えてくれます。テキトー

でも大体そんな感じです。リライトって。笑

さて今回の記事ですが、リライトって言葉は知ってるけどどうやるのか?具体的に何をしたらいいのか?と初心者ブロガーは迷っていると思います。

そんな初心者ブロガーでもこれからリライトしてしっかりと検索順位を上げることが出来るように説明しますのでリライトスキルを身につけましょう!

この記事はこんな人におすすめ

①リライトのやり方を知らない

②検索順位を上げたい

③報酬アップしたい

記事をリライトする意味

リライトする一番の理由はやっぱり検索順位を上げるためだと思います。

検索順位を上げるために必要なことはGoogleにとって良いコンテンツを作るということ。

もっと簡単に言うと誰かの悩みの解決策が載っている記事!となります。

あなたも検索するときは何かを調べてるときですよね?

そのときに問題の答えが載っている記事のほとんどが検索したGoogleの1ページ以内ですよね。

それはGoogleがその問題を解決出来るよう用意したベスト10(1ページ目)の記事ってことになります。

『この記事なら多くの人の悩みを解決できる!』と判断したら検索順位があがります。←わかりやすく説明するとね。

問題解決できる記事であるかはGoogleが記事を読んで判断していることがわかります。

そういうことを考えると検索順位を上げるために必要なことはリライトして記事のクオリティを上げて人の悩みを解決することになります!

リライトの注意点

記事をリライトすると検索順位があがるわけではありません。

順位が下がってしまうこともあります。

次にお伝えする注意点は覚えておきましょう!

コピペ(丸写し)は絶対ダメ!

リライトするときにまずは同じキーワードで順位の高い記事を見ると思います。

そのときに自分の記事には載っていない情報があると自分の記事に丸写ししたくなりますが、そのまま文章をコピーしたらダメということです。

ただその文章を自分なりの言葉に変換して記事に書くのはOKなので注意しましょう!

記事作成から最低3か月は待とう!

記事を書いてすぐに検索順位を調べても無駄です。

①記事を書いて1か月はGoogleにインデックスされない。

②記事を書いて3か月は検索順位が正確ではない。

※インデックス…検索したら表示されること。

注意点を見ての通り記事を書いたら最低3か月は様子を見ましょう。

3か月以内に順位を調べたら検索順位が表示されますが変動が多いので順位が落ち着かないです。

なので順位が安定するまで放置でOKです!

優先すべきリライトする記事とは

ずばり!検索順位が2ページ目から4ページ目の記事を中心にリライトしていきましょう!

まずはそこそこ順位の良い記事からリライトして、それ以下(5ページより下)の記事は後回しで大丈夫です。

あと検索順位が1ページ目の記事はそこまでリライトする必要はないかと思います。

しいてリライトするならば他のライバル記事の情報を書き足す自分の体験談を付け加えるぐらいでいいでしょう。

リライトする記事の見つけ方

出来ることならすべての記事をリライトしたいですがさすがに時間が足りないです。泣

そこで優先的にリライトすべき記事を見つける方法を教えます!

それはサーチコンソールです!

サーチコンソールさえあればリライトすべき記事を簡単に見つけられます!

無料なのでこの際に是非導入してください!

Googleアナリティクスとも連携できるのでおすすめ!

https://0927kun.com/google-analytics%e3%82%b0%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab-%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e7%99%bb%e9%8c%b2%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae

サーチコンソールを使って検索順位を調べよう

・サーチコンソールのサイトに行ったら左側にある『検索パフォーマンス』を選択しましょう!

・検索パフォーマンスのデータが表示されたら『平均CTR』と『平均搭載順位』をクリックしましょう。

CTRとはクリック率です。

・下にスクロールすると搭載順位(検索順位)CTR(クリック率)などのデータが見れます。

リライトが必要な記事はどれ?

その壱:搭載順位が高いのにCTRが低い記事。

その弐:搭載順位が高いのに表示回数が少ない記事。

その参:搭載順位が低いのに表示回数が多い記事。

その壱の検索順位は結構高いのにクリック率が低いということは検索したら結構上の順位なのにクリックされない(読まれないor選ばれない)ということになります。

対処方法:この記事の下の方で説明している説明概要(ディスクリプション)のところに詳しく書いてます。

 
 

その弐は検索順位が高いのに表示回数が少ないのはこのキーワード自体があまり検索されない場合が多いです。

対処方法:タイトルを変更してもっと検索されるキーワードを入れましょう。

その参は検索順位が低いのに何故か表示回数が多い記事ですが、これは検索上位にある他の人の記事では問題解決できなくて、検索順位が低い自分の記事のところまで答えを探しに辿り着いた可能性が高いです。

対処方法:ライバル記事でも問題を解決出来ていないので情報を追加して記事をリライトすれば簡単に検索順位が上がる可能性があるので情報収集しましょう。

上記のことを頭にいれてリライトが必要な記事を探していきましょう!

リライトのやり方

リライトが大事なのはわかったけど、リライトって実際どんなことをすればいいの??

具体的なリライトのやり方を言いますとざっとこんな感じです!

リライトでやること

①記事のタイトルを変えよう!

②記事の概要は説明をわかりやすく書きましょう!

③自分の今まで作った記事へのリンクを貼ろう!

④情報を更新しよう!

⑤体験談を文章に追加してオリジナリティをだそう!

⑥情報更新のアピールをしよう!

⑦より読みやすい記事にしよう!

こんな感じで結構やることが多いですね。。

出来るだけすべての項目をやっていただきたいですが、やらなくても大丈夫な項目もあると思いますので自分で考えながらリライトしていきましょう。

各項目の説明をしますね。

①記事のタイトルを変えてみよう!

記事のタイトルは検索順位にとってとても大事な部分です。THE・SEO的な部分です!

先ほど説明したサーチコンソールを使って記事のタイトルを考えてみましょう!

今回は『トマトジュースで肌が綺麗になった』記事をリライトすると仮定して説明していきます。

サーチコンソールでトマトジュースのキーワードだけ赤で囲っています。

ちなみにこの記事のタイトルは『【効果あり】トマトジュースを3か月飲んでみて肌が変わった話』となります。

キーワードは効果トマトジュースの3つです。←このキーワードを意識してタイトルを考えました。

サーチコンソールのデータを見ると上記の3つ以外のキーワードでも検索すると表示されていることがわかります。

そこでリライトするときに参考にするのはこの入ってないキーワードを使って新しいタイトルに変更することです。

例えば

『トマトジュースを3か月飲んだらニキビ跡がなくなり美肌になった!』

とか

『ニキビやニキビ跡にはトマトジュースが効果的!美肌になるよ!』

など今思いついたのはこんな感じです。

サーチコンソールのデータからキーワードを選定してタイトルを変えてみましょう!

更にSEO対策としてタイトルは28文字から32文字程度に出来るといいです!

②記事の概要は説明をわかりやすく書きましょう!

記事の概要とはディスクリプションのことで下の画像を見ていただくとわかりやすいです。

記事タイトルの下に表示される説明部分なんですが、これはディスクリプションを書いておけば設定出来ますし、書かなければそのまま記事の先頭の文章が表示されます

上の画像ではディスクリプションを設定していない(何も書いてない)記事なのでこの記事の文章がそのまま表示されています。

検索したときに記事のタイトルと概要(ディスクリプション)が目に入ると思います。そして『この記事なら答えが載っているかも?』と思ったらクリックして記事を読んでくれます。

しかし、概要部分がまったく関係ないことを書いている場合、サイトに来てくれるでしょうか?

たぶんもっと解決してくれそうな他の記事の方に行きますよね?

なので出来ることなら概要は別で書きましょう!

・概要の書き方

WordPressの場合:記事を書くときに下の方にスクロールするとタイトルや説明と項目があるのでそこの説明の部分がディスクリプションになります。

③自分の今まで作った記事へのリンクを貼ろう!

記事をたくさん書いてる人は内部リンクすると良いです。

内部リンク:自分の書いた記事へのリンク

外部リンク:他の人が書いた記事へのリンク

リンクの貼り方などは使用しているテーマによって異なるのですが0927君が使っているJINだとそのままリンクしたい記事のURLを文章に貼ることで『おすすめ記事』として表示されます。

内部リンクは最初の記事が少ない頃はあまり出来ないですが記事が増えていくとたくさんリンクできますので出来ることならやりましょう!

内部リンク出来る記事がない場合は外部リンクしても大丈夫です!

『ここのブログに詳しく書いてるよ~』と詳しく書いてる記事のリンクを貼るのも問題解決に繋がるので記事としてのクオリティが上がります。

外部リンクに頼るのもアリです!!

④情報を更新しよう!

キャンペーンなどを書いた記事だと期間限定なこともあるので情報が古かったりしますのでリライトする際はまずその情報が続いているのか確認しましょう!

もし、終わっているなら訂正して新しい情報を書いて更新しましょう!

Amazonのセールを紹介した記事の場合、期間限定なのでセール終了後には訂正しよう。

⑤体験談を文章に追加してオリジナリティをだそう!

アマゾンレビューなどに【追記:〇〇〇】という感じで更にその商品を使い続けての感想を書いてあることがありますよね。

そんな感じでその商品だったりサービスだったり使い続けて新たに感じたことを書くのは購入するか迷っている人にとってとても良い情報なんですよね。参考になりますし。

なので思ったことは良いことでも悪いことでも体験談として追記で書いておくのは良いです!

⑥情報更新のアピールをしよう!

結構大事なことなんですが見出しなどの最初の文章に『最新情報です!』や『最近更新したよ!』と書いておくだけで訪問者が意識してその文章を読んでくれます。

リライトして情報が更新された際には書いておくのもアリです!

⑦より読みやすい記事にしよう!

ブログを始めた頃の記事ほど酷いものはありませんw

文章はめちゃくちゃだったり、構成がバラバラだったり、ツッコミどころ満載です。

きっと読んでるだけでリライトしたくなると思いますので気になる部分はどんどん直して記事を読みやすくしてあげましょう

リライトした記事に効果があったか確認しよう

リライトした記事は実際に効果があったのか確認しましょう!

確認の仕方はサーチコンソールなどで搭載順位や表示回数、CTRなどをみてアップしてるか確認しましょう。

順位が上がっていればあなたがリライトした内容が正しかったことになりますし、順位が下がったら問題を探してまたリライトし直しましょう。

リライトはこの繰り返しなのでキリがないですが、とても大切のことなので頑張ってリライトしましょう!

まとめ

①リライトする記事はサーチコンソールで見つけよう!

②リライトして人の役に立ちましょう!

③リライトしたら効果があったか確認しよう!

今回はリライトに関する記事でしたが参考になったでしょうか?

とりあえず検索順位がわかるデータが必要です。

なのでサーチコンソールはブロガーには必須なので必ず登録しておきましょう!←無料ですよ

リライトは少し難しかったり、『順位が落ちたらどうしよう』と記事を更新するのに心配になると思いますが、そこまで難しく考えずにどんどん記事をリライトしていきましょう!

順位が下がっても記事の内容はより濃くなってるので、順位が下がったからリライトで書き足した情報を消すんじゃなくて、タイトル、ディスクリプション、見出しなどSEOに意識してまた挑戦するようにしましょう。

今回も長い記事を読んでくれて感謝です。

おわり!

こちらの記事もおすすめだよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)